レギュラー戦第4戦、優勝レポート

こんにちは。BMCメンバーの武内です。

9月1日にレギュラートーナメント第4戦が開催され、結果を先にお伝えすると優勝することができました!

その模様をお伝えします。

前日プラの結果をもとに流入河川で勝負

今回、同船させていただいたのはW.B.S.にも参戦中の金井プロでした。

前日、失礼がないように自己紹介とプランの確認を兼ねてメールをしました。


すると返事は―――

「プランは考えといてください」


……ん?

あ、こういう冗談を言って和ませていただける方なんだな。

というわけで迎えた当日。

金井プロの愛艇ギャンブラーで準備をしていると、私を見て「人を殺めたことがありそうな顔してる…」と一言。

顔の話をされたら、勝ったも同然。

つかみは完璧!


でも次の一言は「で、プランは?」

プラン?ないです。困ったなー。


隣にいたW.B.S.の清水プロも交え、笑いながら準備完了。


金井プロは前日のプラにも出てくださっており、バイトは取れたがゼロだったとのこと。

今日も厳しい霞ヶ浦かぁ。


その日は他団体のトーナメントに加えてJBトップ50のプラクティスと、プレッシャーは高い状態でした。


スタート時間も近くなり、金井プロから「前日にバイトを取れた場所ではなく、同じような流入に行くから。昨日はそこに手をつけないで置いといた」と。


握手を交わし、いざスタート!



ファーストエリアは古渡の流入河川、通称「ドブ」。


金井プロはハートテール、自分はブルフラット3インチ・ノンソルトの5gフリーリグからスタート。


金井プロと二人でも波板を丁寧に流していきます。


すると、前方に先行者が…。釣れてるし。しかも、デカそうだし。

これを目の当たりにして、魚は入って来ていると確信し、続行。


ですがアタリもなく「無」の状態が続きます。

ローライトで釣れてもおかしくない雰囲気なのに…。


時刻は8時前。ここで待望のファーストフィッシュが金井プロへ。

1120gのナイスフィッシュです。リグはハートテール4.5インチのノーシンカーでした
「無」の状態に辛抱を重ねて得た2匹目3匹目

一気に期待が膨らんできます。

が、霞ヶ浦。

またもや「無」の境地。


丁寧に流しながら3つ目の橋を越えたあたりで、先行者もいるのでUターン。


ブルフラットを投げていたのですがギルのアタリすらなく、波板に結構なエビがいるのが見えたでドライブビーバー3インチのモエビ(フリーリグ・3.5g)、に替えて同じく丁寧に撃っていきます。


ときおり太陽も出てきたので、明確になったシェード側をしっかりチェック。

しかし、何もありません。


入り口付近に来ると風が吹いてきて、「これはあるな」と言う雰囲気になってきました。

そこで自分がドライブクローラー5.5インチ(ネコリグ・1.8g)に替えた数投目に600gがヒット。

ネコリグに替えて数投目、ピックアップにバイト!

自分の頭の中に「ピックアップでバイト」があったので、岸際ではなく流心の可能性もあるのでは、と読み、そこでビーバー3インチ(フリーリグ)に持ち替えてキャスト。


着底を確認し、ズル引きをはじめると違和感。

軽い。

すかさずフッキングで930gをキャッチ!

会心の一撃!読みが当たりました

しかしその後は続かず移動。

とても快適に走るギャンブラーで次に向かったのは、岡部会長で有名な鰐川。

「ダイソンでも取れないチリはある!」と、2人で取りこぼしを狙いに行きました。

ダイソンが取り残したチリを取る!

入り口付近はさっと流し、水門があるところは念入りに。

すると、やはり岡部会長。

少し話すとクオリティフィッシュは取れているとのこと。

やっぱり、魚はいる。


自分は鰐川の最奥まで行ったことがなかったので、どこまでいけるのか知りませんでした。

トンネルをくぐり、はじめて見る景色。

水温もほかのエリアより1℃近く低い。

金井プロのたくみなエレキワークで進んでいくと、ポツポツと見えバスの姿が。

そこで金井プロがヤマセンコー4インチで920gをキャッチ!

時が経つのを忘れてしまうほど、パンチングやサイトで純粋に釣りを楽しみました

気づけばそろそろ戻る時間になり、ストップフィッシング。


結果はリミットメイクの3本・2970gで初の優勝でした!

W.B.S.金井プロ、貴重な経験をありがとうございました!

最高に楽しめた試合でした!

112回の閲覧

© BMC. Proudly created with Wix.com