2022レギュラー戦第1戦・優勝レポート

BMCメンバーの佐伯です。

2022年レギュラートーナメント第1戦にて優勝しました。

その模様をレポートします。


プラでは「やっぱりツレネー」を再認識。

プラクティスは試合1週間前の日曜日に、ノンボーターの並木さんと出ました。

上流は金上ワンドや山田ワンド、下流は掘割川、常陸利根川など、ほぼ全域をチェックしましたが、アタリすらとることもできず撃沈。

その後、試合3日前にも単独でプラに出たものの、東からの暴風で釣りにならず。

唯一、入ることができた掘割川でも、まったく何にもなしで終了。


やっぱり霞ヶ浦水系は「ツレネー」と再認識。

掘割川に2度も入ってダメだったのでもう下流は切り捨てて、試合当日は「あまり詳しくないけれど山田ワンドで勝負だ!」と、なんとなく決めました。


ノンボーターの並木さんが値千金の1匹。

迎えた試合当日。

前日までの南からの暴風がやみ、無風のピーカン予報。

しかし、朝のランチング中に濃霧が発生、1時間ほど遅れてのスタートを余儀なくされました。

さっそく、会場の潮来マリーナを出て、山田ワンド方面へと舵を切り、そこから5分もしないうちにまた濃霧の中へ。

ガクブルでゆっくり進み、とりあえず蔵川ワンドの杭で霧が晴れるまで時間を潰すことに。

しかし何もなく、30分もすると晴れてきたので一路、山田ワンドへ。


前日、南風だったのでワンドの北側の矢板に魚が寄ってないかなー、と見ると先行者の姿が。

これはしゃーない、と南側の木杭から撃ち始めました。


陽がすっかり出て矢板のまわりで鯉がうごめき始めたころ、バックシートの並木さんのネコリグ(2.7g・ベローズギル3.8’,ロッド:オンリーワンオリジナルMHソリッドティップ)にヒット!

1520gの見事なバスをゲットしてくれました!

並木さんいわく、「矢板の際の枯れアシにキャストしたら、近くにバスの尻尾らしきものが見え、そちらにリグを近づけたら食ってきた」とのこと。


時刻はまだ8時20分、「今日は釣れ釣れ」であることを予感させる1本でした。


が…。

その後、山田ワンドの各所や蔵川ワンド、武田川河口などいろいろ回りましたがなにもなし。

矢幡ワンドのドック際で並木さんのネコリグ(1.8g・ベローズギル3.8in / ロッド:オンリーワンオリジナルMHソリッドティップ)にキスバイトがあったものの、ノセられずに終了しました。



出典:GEECRACK

結局、並木さんが釣ってくれた1本で終わってしまいましたが、全体にローウエイトだったため優勝することができました。

並木さん、ありがとう。

今回、BMCとしては初の潮来マリーナ開催で、運営に携わる人間としてはバタバタとしてしまいましたが、大過なく終わりホッとしています。


潮来マリーナ様には会場設営など親身にご協力いただきましたこと、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。


閲覧数:138回0件のコメント